筋力の低下が膝の痛みの原因

膝の痛みを引き起こす原因に、40歳を過ぎた頃から、ひざ関節を屈伸させるときに使われる、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の筋力が低下することが挙げられます。

特に女性は男性より筋力が弱いことと、主婦の運動不足による筋力低下が痛みを引き起こす原因になっています。ひざ周りの筋肉を鍛えて痛みを和らげることが大切になります。

筋力の低下

ひざには通常で、歩く時で体重の2~3倍、階段などの段差のある場所では7~8倍の荷重がかかると言われています。
ひざを支えている筋力が低下することで、さらに数倍の荷重がひざ軟骨にかかることになります。

40代女性の中でも特に専業主婦は運動量が限られ、脚の筋力の低下が進んできます。
意識をして鍛えない限り衰える一方になってきます。

筋力の低下が進む一方で、家事での階段の上り下りや正座、ひざを曲げることが多く、膝の痛みを訴える主婦の多いことがうなずけます。

主婦が運動不足になる原因

  • 買い物は車を利用することが多い
    大型スーパーの駐車場が広く、何でも揃えられるので商店街より車での利用が増えた。
  • 通販やお取り寄せが増えた
    スマートフォンやTVの通販番組から、お取り寄せする商品が増えた。
  • 外出することが少なくなった
    子育てが一段落し、子供の用件で出歩くことが減った。
  • TV通販やドラマを見てしまう
    時間に余裕ができ、ついついTV通販やドラマを見てしまう。

日常生活が便利になるほど運動不足になる原因が増えていることがうかがえます。

主婦がひざを酷使する動作

  • 2階に寝室や子供部屋がある
    寝室や子供部屋への用事で1日に何回、階段を上がり降りするでしょうか?
  • 洗濯物干し場が2階にある
    階段とベランダの上がり降りは、年齢とともに辛くなってきます。
  • トイレが2階に無い
    トイレのための階段の上がり降りも、辛くなってきます。
  • 掃除や片付けでしゃがむことが多い
    床掃除や床の整理はひざの曲げ伸ばしが多くなります。
  • 食材や食器の出し入れ
    冷蔵庫や食器棚の低い場所への出し入れは、ひざの曲げ伸ばしが増えます。
  • 調理の癖
    調理を体の正面で行わないで体を斜めにねじると、ひざ側面に負荷がかかります。
  • 和室がある
    来客や家事のため、正座をしたり、しゃがみ込むことが多くなります。
  • トイレが和式便器
    しゃがみ込むことでひざへの負担がかかります。
  • 庭作業
    夏場の草取りは腰や膝には辛すぎます。

主婦の家事作業がいかに、ひざを酷使しているかが分かります。

ひざ周りの筋肉を鍛えて痛みを和らげるには

ひざ周りの筋肉を鍛えるには、運動不足の原因を減らし、歩くことが大切です。
ウォーキングは下半身全体の筋力バランスをつける最良の方法です。

ひざに痛みがある場合には水中ウォーキングや椅子に座っての足の運動など、ひざに負担がかからない方法で体操や運動をして少しずつ筋力をつけることが大切です。

まとめ

主婦のあなた!運動不足になっていませんか!家事作業でひざを酷使していませんか!
よく使う食器は腰より上に置くとか、階段の上がり降りの回数を極力減らすとか、工夫次第でひざへの負担を減らすことも可能ですよ!

運動不足や家事作業で思い当たる内容があれば、原因を減らすことから始めてみて下さい。

体操やストレッチと合わせて試したい!今話題の膝の痛みに良いおすすめサプリ体験記事!
膝の痛みや関節痛に人気のアイハ成分タマゴサミン購入体験!