「原因」タグの記事一覧

椅子に座る時に膝が痛む原因

動作別症状
椅子に座る時に膝が痛む

椅子に座る時に膝が痛む原因には、膝関節の軟骨がすり減って関節が動かしにくい、太ももの筋力が衰えている、股関節から足首までの筋肉や靭帯、腱などがこわばっているなどが考えられます。股関節から足首までの筋力強化やこわばりを無くす事で痛みが和らぎます。

膝が曲がって、まっすぐ伸ばせない!原因は?

動作別症状
膝が曲がって、まっすぐ伸ばせない

膝が曲がっているのは、膝を伸ばすと痛むため、無意識に伸ばさなくなる事で筋肉が硬くなり、益々、まっすぐ伸ばせなくなり、直立姿勢や長座が難しくなります。姿勢も悪くなり、背中も曲がり、猫背にもなりやすくなります。膝をまっすぐ伸ばせない原因について、対話を交えて紹介します。

40代から増える膝の痛みが変形性膝関節症に発展する原因

変形性膝関節症
変形性膝関節症

膝の痛みに悩まされる中高年が増えていますが、その多くは、変形性膝関節症という病気によるものです。変形性膝関節症は、40歳をすぎたら誰もがかかる可能性のある身近な病気ですが、適切な治療や改善を行なえば、必ず治すことができます。変形性膝関節症に発展する原因について紹介します。

筋力の低下が膝の痛みを引き起こす!

膝の痛みの原因
筋力の低下が膝の痛みの原因

膝の痛みを引き起こす原因に、40歳を過ぎた頃から、ひざ関節を屈伸させるときに使われる、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の筋力が低下することが挙げられます。特に女性は男性より筋力が弱いことと、主婦の運動不足による筋力低下が痛みを引き起こす原因になっています。ひざ周りの筋肉を鍛えて痛みを和らげることが大切になります。

膝の痛みの殆どが、ひざ関節軟骨のすり減りが原因!

膝の痛みの原因
ひざ関節軟骨のすり減り

膝の痛みの多くは、ひざの関節を覆う軟骨がすり減り、弾力性を失う変形性膝関節症によることが多く、一度すり減った軟骨は手術による再生以外に元に戻すことはできません!軟骨がすり減る原因を改善しケアに取り組めば痛みを治すことは可能です。軟骨がすり減る原因を紹介します。

ページの先頭へ